「味土里館」への出荷が決まりました

投稿者: | 2016年10月26日

 JA丹波ささやまの「味土里館」に、ようやく蜂蜜を出荷できるようになりました。
http://www.ja-tanbasasayama.or.jp/html/agri/midori.html
 味土里館はJA丹波ささやま最大のファーマーズマーケットで、いつもたくさんの人でにぎわいます。
 そのため、商品を出荷できるようになるための敷居は高い。農協の組合員にならなくてはならないし、出荷する商品が安全で安心なものであることもきちんと証明していかなくてはなりません。
 結局、あれこれしている間に数か月が過ぎてしまい、ようやく今月中旬に「出荷可能」となりました。
 今、10月末までの時期は、篠山市特産の「丹波黒大豆枝豆」の出荷時期です。丹波の黒大豆は、他の黒大豆とは品種が違う大ぶりな黒大豆で、篠山近辺の気候風土でないと、うまく育たないと言われています。
 枝豆として出荷できるのは、わずか3週間ほど。11月になると枝豆としての出荷は終わり、あとは「黒大豆」として熟成させます。
 黒大豆もおいしいですよ。
 そのため、今の味土里館は人でごった返しています。
 ですから、ビーファームの蜂蜜も棚に並べたら瞬殺で売り切れてしまいました。写真の手書きは、JAの方が書いていただいたものです。
IMG_0711.JPG
 また、棚に並べようとは思っています、今年の蜂蜜も残り少なくなってきてしまいました。11月には、たくさんフリーマーケットへの出店をするつもりで、フリマの在庫の兼ね合いも考えながら出荷しようと思います。
 本格的な出荷は来年度からですね。
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 篠山情報へ
↑クリックしてね



にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 篠山情報へ
にほんブログ村
↑ポチッと押してくれるとうれしいです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です