昨日は、減圧蒸留器設置の最終日でした。

投稿者: | 2018年2月16日

昨日は、減圧蒸留器設置の最終日でした。
なので、ローズマリーで蒸留してみた。
香りの違いがよく分かるように、常圧の蒸留器でも蒸留してみました。

空気の圧力を減圧(真空状態に近くしていく)していくと、
水の沸点が下がっていくのですね。
低い温度でも沸騰するようになる。
沸騰すると、水蒸気にハーブの香りがついて蒸留されていきます。

すると、そのハーブの「一番最初に薫る香り」がとれるのです。
トップノートとかいうのですけども、そのハーブを嗅いだときに非常に近い香りですね。
ただ、その香りは淡く、さっと引いてなくなっていきます。

そういう香りが主にとれる蒸留器です。

常圧の蒸留器でとれた芳香蒸留水も「あり」なんですけど、「重い香り」になります。
トップノートだけじゃなく、ミドルノートの香りも、もっと重い香りも取れるからですね。

なので、この減圧蒸留器でとれた芳香蒸留水は、非常にクリアな、清らかな香りです。
このまま飲んでしまいたいくらい。

昨日から、このローズマリー芳香蒸留水を携帯して、常に身体にふりかけています。
もう、それくらいいい香り。
ローズマリーの、あの香りが、なんのイヤミもエグミもなく、香ってきます。

テスト蒸留なので、ローズマリーの量は少なめです。
これですっごいええ香りが取れたのだから、たっぷり入れたら、果たしてどれだけ「ええやつ」が取れるのだろう。

ぜひとも一度は、嗅いでほしい。
この香りを嗅いだら、香り好きな方なら
「ほしいほしいほしいほしい」ということ間違いなしです。

ただ、精油はあまり取れません。
今回も、ほぼ取れませんでした。

あと、釜の中の煮汁は、低温で沸騰させますので、これもまたエグミもまったくない、ポリフェノールなどの栄養素のかたまりができます。
大きなビーカーに入れた、ちょっと黄色い液体がそれです。
ですから、これはこれで化粧品の成分としても使えます。いやむしろ化粧品の成分として使いたい。
まだ道のりは長いですけどねー。

最後の写真は、蒸留が終わった状態のローズマリーです。
まだまだ元気な状態。



にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 篠山情報へ
にほんブログ村
↑ポチッと押してくれるとうれしいです