ひまわりの種植えと巣箱の内検

投稿者: | 2016年5月22日

今日は朝から、奥の畑の巣箱の内検と、ひまわりの種植え。
ひまわりの花は大量の花粉がとれます。
花粉は蜂さんの貴重な餌になるので、ひまわりの存在は重要です。まあ、ほかにも花粉源はいろいろあるのですが。
今回、お徳用のひまわりの種をまいたんだけど、
まけどもまけども終わらない(笑)。
どんだけ種が入ってんのこれ。
DSC_0199.jpg
結局、赤枠で囲ったところにはひまわりが敷き詰められています。これでもまだ、一袋まききれずに終了。
暑くて暑くて。
水は、小川からとった(水利権は得ています)んだけど、大量に水が必要になるようならポンプが必要になりますね。
DSC_0195.jpg
奥の畑の巣箱は6箱になりました。
ただ、ビーファームの巣箱と合わせて数箱、女王蜂がうまいこと見つからずにいます。
また分蜂しないだろうか、それが心配。
DSC_0212.jpg
真ん中畑の、食用ほうずきは今のところ、枯れずに、鹿に食われずに済んでいます。
ただ、畑の大きさに比べて「ぽつん感」が甚だしい(笑)。



にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 篠山情報へ
にほんブログ村
↑ポチッと押してくれるとうれしいです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です